参議院法制局

令和4年度参議院法制局職員採用総合職試験案内

令和4年度参議院法制局職員採用総合職試験の出願受付は終了しました。

             

最新の受験情報はこちらに掲載しますので、必ず確認してください。

1 職務内容

 参議院法制局は、参議院議員の法制に関する立案に資するために置かれた機関です。この試験により採用された職員は、議員の依頼に応じて、法律案・修正案の立案、法制に関する調査などの職務に従事することになります(詳しくは、パンフレット又はこのホームページを参照してください。)。

2 採用及び待遇

(1)採用予定日
令和5年4月1日
(2)採用予定人数
若干名
近年の受験者数・採用人数(「採用・勤務条件などに関するQ&A」のページ参照)
(3)身分
特別職の国家公務員である国会職員となります。
(4)待遇
国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)に合格し、採用された政府職員との均衡を考慮した待遇となります。
(5)給与
初任給として232,840円 *(給料+地域手当+業務調整手当)が支給され、その他手当として通勤手当、住居手当、扶養手当、
超過勤務手当、期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス)等が支給されます。

※この額は、令和4年1月1日時点のもので、
行政職給料表(ー)2級1号給が適用された場合の例です。

3 受験資格

(1)年齢等
1.平成4年4月2日から平成13年4月1日までに生まれた者
2.平成13年4月2日以降に生まれた者で次に掲げるもの
  • a.大学を卒業した者及び令和5年3月までに大学を卒業する見込みの者
  • b.参議院法制局長がa.に掲げる者と同等の資格があると認める者
(2)欠格事由(次のいずれかに該当する者は、受験資格がありません。)
1.日本の国籍を有しない者
2.国会職員法第2条の規定により国会職員となることができない者

4 試験の内容、日時等

試験の内容、日時等は、次のとおりです。

第1次試験

○多肢選択式試験
【基礎能力試験】
80分 40題
出題範囲 知能分野(文章理解、判断推理、数的推理及び資料解釈)
知識分野(社会、人文及び自然)
【専門試験】
80分 40題
出題範囲 憲法、行政法、民法及び刑法
○試験日時
4月16日(土)
【基礎能力試験】午後1時〜午後2時20分
【専門試験】    午後3時〜午後4時20分
○試験会場
東京:東京大学駒場Ⅰキャンパス講堂(東京都目黒区駒場3-8-1)
京都:京都大学吉田キャンパス(吉田南構内)総合人間学部棟(京都市左京区二本松町)
○合格者発表
4月19日(火)
参議院第二別館前に掲示します。合格者のみ別途郵便で通知します。なお、合格者の受験番号については、このホームページにも掲載する予定です。
○その他注意事項
(1)受付時間
午前11時30分〜午後0時30分
(午後0時40分着席)
(なるべく早めに受付を済ませてください。)
(2)携帯品
筆記用具(HB鉛筆、プラスチック消しゴム)
(3)連絡先
参議院法制局総務課(Tel. 03-5521-7729)
(4)受験票について
郵送又は持参による方法により受験申込みをした方の受験票は、事前に郵送せず、当日受付で交付します。受験申込みをした方は、当日現地にお越しください。

第2次試験【論文試験】
(第1次試験合格者に対して行う。)

○論文試験
180分
出題範囲 憲法、行政法及び民法
○試験日時
4月29日(金・祝)
憲法      午後1時30分〜午後2時30分
行政法   午後2時50分〜午後3時50分
民法      午後4時10分〜午後5時10分
○試験会場
参議院第二別館
○合否の通知
5月17日(火)以降
合否を郵便等で通知します。

過去の出題例(PDFが開きます)

第2次試験【面接試験】
(第2次試験【論文試験】合格者に対して行う。)

○面接試験
○試験日時
5月下旬以降の指定する日時
○試験会場
参議院第二別館
○合格者発表
合否を郵便等で通知します。

第3次試験
(第2次試験【面接試験】合格者に対して行う。)

○口述試験及び面接試験
口述試験の出題範囲
憲法を中心とする法律問題
○試験日時
6月上旬以降の指定する日時
○試験会場
参議院第二別館
○合否の通知
合否を郵便で通知します。

5 受験手続

(1)郵送又は持参による方法
                        
受付は終了しました。
                        
(2)インターネットによる方法
インターネットによる申込み受付は終了しました。
(3)その他
  • ※ 受験に際し、身体等に障害があるため特に何らかの措置を希望される方は、受験申込時にその旨を参議院法制局総務課に申し出てください。
  • ※ 第1次試験の合否の決定に当たって、総合点では決め難いときに、専門試験の結果を重視することがあります。
  • ※ 第1次試験合格者には、原則として、大学の成績証明書等の提出をお願いすることになります。第2次試験の詳細な受験案内は、第1次試験の際に配布します。
  • ※ 面接試験(第2次試験及び第3次試験)の参考とするため、第2次試験【論文試験】の合格者には、性格検査(Web実施)を受けていただきます。

その他この採用試験に関しては、参議院法制局総務課までお問合せください。