採用試験案内(一般職)

令和元年度参議院法制局職員採用一般職試験
(大卒程度試験)日程等

 台風19号の接近に伴う延期後の令和元年度参議院法制局職員採用一般職試験(大卒程度試験)の日程は、以下のとおりです。
           
  第1次試験  10月26日(土)
  合格者発表  11月6日(水)以降、各人に郵便で通知します。
  第2次試験  11月14日(木)~17日(日)の間で指定する日
  合格者発表  11月20日(水)以降、各人に郵便で通知します。
  第3次試験  11月27日(水)
    
  ※変更点は試験日及び合格者発表日のみです。
   会場、試験種目、試験時間等の変更はございません。

 なお、試験の延期に伴う新たな受験票の発行は行いません。
 試験当日は、既に送付済みの受験票を必ず持参してください。

1 職務内容

 参議院法制局職員として採用され、総務課所管の事務(人事、給与、会計、物品等)又は調査課所管の事務(情報処理、図書、法令台帳)などの一般事務に従事することになります。

2 待遇

 常勤の国会職員として採用されます。また、給与及び休暇等につきましては、一般職の国家公務員の一般職試験採用者との均衡を考慮した待遇が行われます。

3 採用パンフレット・当局の紹介

【 印刷用 PDF 5.89MB 】

一般職試験(大卒程度試験)採用案内  一般職試験(大卒程度試験)採用案内

※参議院法制局の業務については、こちらをご覧ください。
 ・参議院法制局の紹介
 ・総合職採用案内パンフレット


戻る


ページの先頭へ