職務

議員立法の補佐

 参議院議員が国会に法律案を提出する場合、参議院法制局がその立案を補佐し、参議院法制局の審査を経ることになります。

 法律案の立案の依頼があると、所管課では、依頼者がどのような事実を踏まえて、どのような政策意図のもとに法律を作ろうとしているのか(依頼者の立法趣旨)を確認した上で、立法内容の検討に入ります。そこでは、依頼者の政策意図が最大限実現されるような立法を行うことを目指すとともに、憲法適合性・現行制度との調和・法政策の合理性などについて、法律専門スタッフとして、検討を行い、依頼者とも協議を繰り返します。

 法律案の内容が固まってくると、まず法律案要綱(法律案の内容の大筋をまとめたもの)を作成し、続いて、条文化の作業に入ります。そこでは、表現の正確性・明確性・分かりやすさ、現行法律条文との整合性など立法技術の面から詳細な検討を行います。 

 所管課の作成した法律案の原案は、局内の段階的な審査を経、法制局長の決裁を受けると、当局作成の法律案として、依頼者に手渡されます。 

 当局作成の法律案は、依頼者が所属する政党の政策決定機関等にかけられ、あるいは、他会派との議員間協議に付され、所要の賛成者を得た上で、国会に提出されます。当局は、立案を補佐した立場として、この政党の政策決定機関等での議論や他会派との議員間協議の場に同席し、依頼者の補佐をすることもあります。  当局作成の法律案が国会で審議される段階では、答弁用のメモ等の関係資料を作成するなどして提案者の補佐を行います。当局の職員が法制面に関して答弁に立つこともあります。

【議員立法とは】

 立法は国の唯一の立法機関である国会によって行われますが、国会に法律案を提出することができるのは、議員(議院の委員会や調査会が法律案を提出することもあります。)と内閣です。このうち、議員からの法律案の提出によって行われる立法のことを一般に「議員立法」と呼んでいます。

 私たちの生活はさまざまな法律により規律されていますが、国民のニーズや価値観が多様化している今日、国民の代表である議員の主導によって行われる議員立法の果たす役割はますます大きなものとなっています。


ページの先頭へ

修正案作成の補佐

 国会で審議されている法律案に対して、議員は動議というかたちで修正案を提出することができます。
 修正案は、与野党間での協議により法律案の内容を改めることとなりそのために提出する場合や法律案の内容の一部について政党が独自の政策を表明するために提出する場合などがあります。
 当局は、参議院議員の依頼を受けて、修正案の案文化の作業・審査を行います。
 その作業は、基本的には法律案の作成・審査の場合と同様ですが、修正案の場合には、法律案審議の最終局面となって内容が確定することも少なくなく、採決までの限られた時間の中で修正案を準備しなければならないといった制約を伴うことになります。


ページの先頭へ

法制に関する調査

 国会活動に伴って必要となる参議院議員からの法制に関する種々の依頼や照会に応じて調査・回答を行います  依頼や照会には、現行法令の解釈、政策等の法的問題点の検討、学説・判例の調査、諸外国の法制度の調査など様々なものがあります。

【国際的視野をもって】

 社会のあらゆる分野でのボーダレス化が進展している今日、参議院議員からの立案や調査の依頼に的確に対応するために、特に、国際的な視野をもって職務に取り組むことが求められています。

 当局では、定期的に海外での調査を実施しており、職員が、現地の担当者と直接面談し、法制度や最新の立法事情等について説明を受けたり、意見交換を行ったりしています。また、外国の立法機関等からの求めに応じてわが国の法制度や法制執務に関する情報を提供することもあります。

イメージカット



戻る


ページの先頭へ