成立参法の紹介

消費者基本法の一部を改正する法律(平成24年8月22日法律第60号)

[背景]
 消費者の利益の擁護及び増進は今日の我が国における重要課題であり、中長期的に継続して取り組むべきものであると考えられるところ、その推進のために政府が講じた施策については、国会が定期的にその内容を把握していく必要があること。

[内容]
 政府は、毎年、国会に、政府が講じた消費者政策の実施の状況に関する報告書を提出しなければならないこととするもの。

以下の項目をクリックすると、資料(PDF形式)が参照できます。

    関連資料(提案理由、各議院の本会議における委員長報告)

戻るページの先頭へ