成立参法の紹介

母子家庭の母の就業の支援に関する特別措置法(平成15年7月24日法律第126号)

〔趣旨〕
 最近の経済情勢の変化により母子家庭の母の就業が一層困難となっていることにかんがみ、母子家庭の福祉を図るため、支給開始後一定期間を経過した場合等における児童扶養手当の支給が制限される措置の導入に際して、母子家庭の母の就業の支援に関する特別の措置を講ずるもの。


以下の項目をクリックすると、資料(PDF形式)が参照できます。

    関連資料(提案理由、衆議院の本会議における委員長報告)